サンズイカップにおける

​コロナウイルス感染防止対策について

①入場前の対応

1, 大会当日は会場入場者全員に、入場前の検温を実施します。(選手以外のスタッフ・観戦者含む)

 37.5度以上の発熱者及び咳などの症状がある人の入場は禁止とします。

 検温の列がソーシャルディスタンスを保てるように、目印をテープで設置します。

2, 大会当日は会場入場者全員に、以下の体調管理チェックフォーム(Googleフォーム)へ入力し、

​送信いただく必要がございます。

 体調管理チェックフォーム

3, 会場入場者は必ずマスク等 (フェイスシールド、サリバガード可) を着用すること。

4, 会場内各所に用意している消毒液にて、手指の消毒を適宜行うこと。

②フィジカルディスタンスの徹底

1, 観客席、チームベンチについては、テープ等で間引きを実施し、
フィジカルディスタンスを保てるようにします。

2, チーム入れ替え時の密を避けるため、試合間隔については長めに設定します。

3, 更衣室に担当者を配置し、入場人数を制限します。

4, 試合間・試合終了後のミーティングは、プールサイドでは禁止とします。

    (観客席または、会場外など広く換気されているところで行いましょう)

5, 試合中ベンチに入れるのは、監督・スタッフ最大計2名と控え選手のみとなります。

③可能な限り、備品の共有禁止

 

1, タオル、セーム、キャップ、ゴーグル、爪切り等の共有を行わない。

2, 試合中のドリンクなどについては、選手ごとに1本ずつ準備し、飲み回しは禁止する。

3, 例年貸出を行っていた、水球帽子・爪切りなどについて実行委員会からの貸出は原則行わない。

④消毒の徹底

1,アルコール消毒液を入り口、チームベンチ等に会場の各所に配置するので、

参加者は随時使用すること。特に、試合前・試合終了後は消毒を徹底する。

2, トイレや観客席等、接触の多い箇所については、担当者が随時消毒に回るので、

参加者はこれに協力する。

特に、計時ボタン等のセクレタリー使用箇所については、各試合終了後に原則消毒する。

⑤飛沫の防止

1, 選手も試合中のベンチ以外では、必ずマスクなどを着用する。

2, 監督、コーチ、スタッフは試合中のベンチでもマスク着用とする。控え選手もベンチから発声する時は、必ずマスクを着用する。

3, 声援は、マスク着用に関わらず禁止とする。

4, 唾液や鼻水などが付着したゴミは、ビニール袋に密封してから廃棄すること。

⑥換気を十分に行う

1, 会場内の換気を十分に行います。11月下旬という季節や天候によっては、プールサイド含め

会場内の室温が不安定になる可能性があるため、体温調節のための、

上着・ジャージ・プールサイドコートなどの持参を推奨する。

⑦参加費の支払い

1, 現金授受をなるべくなくすため、事前銀行振込による支払いのご協力をお願いします。

​上記内容については、以下を参考にしました。

参考サイト https://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/jspo/guideline_checklist.pdf